ピルブログ

2018.10.09更新

女性は50歳前後で急激に体内のエストロゲンが低下し、
更年期症状があらわれ閉経に近づきます。
エストロゲンの低下が悪玉コレステロールの値を上昇させ
心筋梗塞や脳卒中の発症リスクとなります。
又、エストロゲン値の低下により血液内の中性脂肪も上昇し
「中年太り」的な要素となります。

食事内容や運動などによる生活習慣改善が必要となりますが
なかなか実行するのは困難と思われます。
脂質代謝異常の他にも、エストロゲン低下により様々な
症状があらわれます。
これを更年期症状といいます。
のぼせ(ホットフラッシュ)や動悸、めまいなど主症状にあります。
婦人科的治療の1つにホルモン補充療法(HRT)があり治療により
症状が緩和されます。
私生活や仕事に差し支えるような辛い症状が出始めたら迷わず
婦人科を受診し、症状改善に向けて相談すると良いでしょう。
HRT以外にも漢方治療やサプリメントもおすすめします。
更年期症状やそれに関する対処法としてネットだけの情報では
理解しにくく不十分です。
直接婦人科に足を運んでみましょう!

 

☆港区で婦人科をお探しの方は浜松町大門レディースクリニックまで。

 港区浜松町2-2-15、浜松町ゼネラルビル8階
 03-6403-4105

平日 11:00-19:30 お昼休み15:00-16:00
土曜日11:00-16:00 お昼休みなし
日曜日、祝日 休診

投稿者: 浜松町大門レディースクリニック

心と身体がいつまでも健康であるために

女性医師とスタッフが在籍しており、院内は明るく、清潔感のある空間です。

さまざまなアプローチから女性のみなさまをサポートしています。

  • 03-6403-4105.png
  • 03-6403-4105_sp.png